診療内容

産婦人科

産婦人科 写真 産婦人科は主に女性の生殖器の病気を扱っています。
*生理以外の出血がある
*生理通がひどい
*生理不順
*生理が遅れている、妊娠してるのかも?
*外陰部にかゆみがある
*おりものが多かったり、においがする
*子どもがなかなかできない
*生理前にいらいらする

  • 不妊検査・治療

    妊娠を望み2年以上夫婦生活を営んでいても妊娠に恵まれない場合を「不妊症」と呼びます。
    *排卵障害*卵管性不妊*子宮性不妊症
    *免疫性不妊*子宮内膜症*男性不妊症
    *原因不明不妊

  • 体外受精、顕微授精

    体外受精ですが、体内で受精が難しいと考えられる場合に行う手法で、女性の子宮から卵子を採取し、体外で精子と受精させた後、卵を子宮の中に再び戻す方法です。
    体外受精でも妊娠に至らない場合、体外受精の更なるステップアップとして、また、重度の精子減少症や乏精子症の場合に勧められるのがこの「顕微授精」です。

    体外受精等 料金表

    体外受精・採卵時
    金 額
    採卵 54,000円
    媒精・培養 108,000円
    顕微授精 32,400円
    顕微授精(8個以上採取) 54,000円

    ●体外受精費用

    体外受精
    金 額
    採卵準備費
    ※採卵できなかった場合"採卵準備費"のみ
    10,800円
    採卵費 64,800円
    前培養費
    *受精可能な卵子が得られなかった場合
    108,000円
    体外培養費
    ”採卵準備費”および ”採卵費”のみ
    21,600円

    胚移植(採卵周期)
    金 額
    分割期胚 59,000円
    胚盤胞期胚 79,800円

    ●追加費用

    顕微授精
    金 額
    1〜5個 54,000円
    6〜10個 86,400円
    11個以上 108,000円
    精巣精子使用による授精
    *実施個数にかかわらず一律
    32,400円
    アシステッドハッチング(孵化補助) 27,000円
    胚凍結保存
    *ストロー2本目以降+3,240円/本
    48,600円
    再凍結
    *ストロー2本目以降+3,240円/本
    32,400円
    同じ採卵周期で2回目の凍結保存
    *同一採卵周期において、異なる日付で2回目の凍結保存を行う場合*ストロー2本目以降+3,240円/本
    32,400円
    SEET法用培養液凍結保存 5,400円
    胚凍結保管(1年間)
    *採卵日を”凍結管理日”とし、初回1年間 は不要。1年以上保管を継続する場合、翌年の”凍結管理月末日”を越えた時点で保管料が発生
    *凍結保存継続手続きは管理日ごとに別途郵送にてご案内
    32,400円

    レオゲートタワーレディースクリニック 2015年実績

      移植総数 妊娠数 流産数 妊娠率 流産率
    胚盤胞移植 60 26 8 43.3% 30.8%
    初期胚移植 31 11 1 35.5% 9.1%
    2段階移植 16 7 3 43.8% 42.9%
    全体 107 44 12 41.1% 27.3%

    胚移植実績

      移植総数 妊娠数 妊娠率
    26年1〜6月 34 5 14.7%
    26年7〜12月 48 11 22.9%
    27年1〜3月 18 6 33.3%
    27年4〜6月 20 9 45.0%
    27年7〜9月 38 16 42.1%
    27年10〜11月 33 16 48.5%

    胚移植(凍結胚移植)
    金 額
    解凍 32,400円
    胚移植 50,400円
    胚盤胞培養 10,800円
    孵化補助 16,200円

    金 額
    胚凍結保管料(1年間) 32,400円

  • 人工授精

    人工授精は、排卵日にあわせて精子を採り、人工的に子宮の中へ精子をおくる方法です。具体的には採取した精液の中から運動率の良い精子を集めて濃縮処理し、子宮膣内に直接注入します。

  • 不育相談

    妊娠はするものの、流産、死産や早期新生児死亡などを繰り返して、結果的に子どもを持てない場合を「不育症」と呼んでいます。
    不安や心配を抱えている方は、ご相談ください。

  • 妊娠初期の診察

    初期の妊娠状態を判断します。

  • ブライダルチェック

    ブライダルチェックは自分だけの為だけでなく、大切なパートナーに対しての責任でもあります。特に性感染症は、不妊や胎児への障害を引き起こす原因になります。

  • 出生前診断

    胎児の異常の有無の判定を目的として、妊娠中に実施する一群の検査をします。

  • ERA 子宮内膜着床能検査

    体外受精において いい受精卵を胚移植しても 妊娠に至らない。
    何度か 胚盤胞移植しても 着床までいたらず、妊娠しない。
    上記のかたは 胚移植する時期が ずれている可能性があります。
    着床する時期をはかることができます。
    着床することができる時期にあわせて 胚移植することで妊娠の可能性が向上します。
    検査の方法 子宮内膜を黄体ホルモン投与から5日めに 採取することで
    着床時期がわかります。 結果は2週間かかります。
    その結果から 胚移植の時期を決定します。

    コスト等は 問い合わせ お願いします。

ページトップへもどる

お問い合わせ

住所
大阪府泉佐野市りんくう往来北1 りんくうゲートタワービル18F
TEL
072-460-2800
診療時間
月・火・木・金
午前9時~12時30分
午後4時30分~7時30
水・土・祝日
午前9時~12時30分
※日曜休診

アクセス
南海電鉄・JRりんくうタウン駅から徒歩2分
【詳しくはこちら】