072-460-2800 info@lglc.jp

ごあいさつ

皆様はじめまして。レオゲートタワーレディースクリニック院長 井阪茂之です。
こちらは 体外受精(顕微授精)を含む高度生殖医療ができ、婦人科、がん検診、ピル処方、更年期症をはじめ、子宮脱、骨盤臓器脱 卵管閉塞にたいして卵管鏡下卵管形成術、子宮鏡による内膜ポリープ切除、コルポスコピー、子宮頸がんワクチン、ブライダルチェック等、全般に対応できる産婦人科クリニックとしてりんくうゲートタワービル18階で、H25(2013)9月に開院しました。
泉州地域の分娩、手術をのぞく産婦人科医療に貢献させていただいています。
関空で働いている方、旅行者、海外の方も含めて産婦人科診療をさせていただいております。

分娩を扱っていた時、不妊治療をされて出生されたお子さんは皆さまから祝福されていました。 このことは働いている私たちのやりがいではありました。
現在はあまり分娩に携わっていませんが、お子さんを希望するご夫婦の希望にお応えできるよう、微力ながら協力させていただきたいと思います。よろしくお願いします。

私は神戸市 西の端 明石に近いところの出身です。山と海があり、泉佐野と似た雰囲気です。ここは乗り物がすべて 航空機、船、自動車、鉄道などをすべてビルから見ることができます。

出身は男子校の灘高で浪人をへて 大阪大学に入りました。
その後、平成4年に卒業し、産婦人科医局に入りました。その当時は現在と違い、ローテート制の研修制度ではなく、手術麻酔半年、ICU勤務半年以外は ほとんど産婦人科として仕事をしてきました。

泉州には 平成15年 市立貝塚病院 産婦人科に赴任して、平成20年 集約化により りんくう総合医療センターでの仕事もすることになりました。
体外受精はH平成15年から 前任者から引継ぎ、行っており、平成20年からは培養士にきていただき、顕微授精ができるようになりました。
りんくう総合医療センターでは産婦人科 帝王切開による分娩、当直における啓蟄分娩、産婦人科救急 医療を従事していました。

その後、市立貝塚病院 部長を退職し、平成25年 9月から ゲートタワービル18階で開院させていただきました。

院長 井阪 茂之(Shigeyuki Isaka)
*医学博士
*日本産婦人科学会専門医
*母体保護法指定医

経歴

平成4年 大阪大学医学部卒
大阪大学医学部付属病院 産科婦人科 入局
平成5年 大阪府立病院(現 大阪急性期医療センター) 勤務
平成7年 大阪大学医学部 麻酔科 勤務
平成8年 大阪大学医学部 産婦人科 勤務
平成11年 大阪府立成人病センター 勤務
平成12年 大阪大学医学部 産婦人科 勤務
平成15年 市立貝塚病院 産婦人科 勤務
平成20年 市立貝塚病院 生殖医療センター長
平成25年 レオゲートタワーレディースクリニック 開院