072-460-2800 info@lglc.jp

高度不妊治療

一般不妊治療での妊娠が難しい場合、高度不妊治療を実施することがあります。
詳しい治療法についてご理解いただき、不安や疑問を解消していただけるよう、個々での説明や、体外受精セミナーを実施しています。 ご夫婦お二人の希望をお伺いし、最適な治療を提案してまいります。

高度不妊治療が必要となる主な要因
卵管因子
子宮内膜症
多嚢胞性卵巣症候群 (PCOS)
免疫性不妊 (抗精子交代)
原因不明不妊
難治性不妊
年齢
男性因子 (乏精子症、無力精子症、無精子症、奇形精子症)

顕微授精 (ICSI)

精液所見が悪いケースでは、顕微鏡下で受精をおこなう顕微授精で受精をめざします。 顕微授精では、1個の精子をインジェクションニードルという細い針に吸入し、顕微鏡装置のもとで卵子にインジェクションニードルを刺入し、1個の精子を卵子に注入します。顕微授精での受精率は70~80%です。卵子の質によっては、針の刺激で卵子がつぶれてしまうことがあります。
また、通常の顕微授精では受精しない場合には、卵子を活性化させ受精を促すと言われているカルシウムイオノフォアという薬剤を用いて受精を促します。