072-460-2800 info@lglc.jp

高度不妊治療

一般不妊治療での妊娠が難しい場合、高度不妊治療を実施することがあります。
詳しい治療法についてご理解いただき、不安や疑問を解消していただけるよう、個々での説明や、体外受精セミナーを実施しています。 ご夫婦お二人の希望をお伺いし、最適な治療を提案してまいります。

高度不妊治療が必要となる主な要因
卵管因子
子宮内膜症
多嚢胞性卵巣症候群 (PCOS)
免疫性不妊 (抗精子交代)
原因不明不妊
難治性不妊
年齢
男性因子 (乏精子症、無力精子症、無精子症、奇形精子症)

治療成績

  移植数 妊娠数 妊娠率
2016年 140 40 28.6%
2017年 120 42 35.0%
2018年(9月現在) 99 43 43.4%

*妊娠の定義は胎嚢確認以上としています。