あいさつ

院内今回、レオゲートタワーレディースクリニックを開業させていただく、井阪 茂之です。
私はH4に大阪大学を卒業し、その後、大阪大学医学部附属病院 産科婦人科学教室に入局しました。その間、それぞれ半年の麻酔科、ICU勤務を経験し、 また、2年間の急性期医療センター(旧大阪府立病院)の勤務を経験し、H15 年から貝塚病院・産婦人科にて勤務させていただきました。 H20年度からの貝塚病院産婦人科、りんくう総合医療センター(旧市立泉佐野病院)産婦人科との集約化に携わり、その際に生殖医療センターの立ち上げにも協力させていただきました。
今回、ゲートタワーにて体外受精を含む生殖医療を中心とした婦人科クリニックを開業させていただきました。

クリニックの名称の“レオ”は私は大阪大学出身で先輩である、手塚治虫先生のジャングル大帝のキャラクターのレオからとったものです。
患者さんに力強い子供さんを産み、はぐくんで欲しいとの願いと、場所を示すゲートタワーを組み合わせました。

また、私は 明石海峡大橋の神戸舞子、明石で生まれ、育ち、灘校出身ですが、海と飛 行機の空が共存する泉州の地に愛着を感じます。
この地でりんくう総合医療センター、市立貝塚病院を中心とした地域医療に協力させていただきたいと考えています。

私は10年近くの期間、市立貝塚病院、りんくう総合医療センターで産婦人科医療に携わりました。その間、医療には継続的な信用、信頼感が必要であると痛感しました。 
病気を治すということともに、長期的に信頼に足る医療を実践しようと考えています。

院長紹介

プロフィール写真

院長 井阪 茂之(Shigeyuki Isaka)

*医学博士
*日本産婦人科学会専門医
*母体保護法指定医

経歴

平成4年
大阪大学医学部卒
大阪大学医学部付属病院 産科婦人科 入局
平成5年
大阪府立病院(現 大阪急性期医療センター) 勤務
平成7年
大阪大学医学部 麻酔科 勤務
平成8年
大阪大学医学部 産婦人科 勤務
平成11年
大阪府立成人病センター 勤務
平成12年
大阪大学医学部 産婦人科 勤務
平成15年
市立貝塚病院 産婦人科 勤務
平成20年
市立貝塚病院 生殖医療センター長
平成25年
レオゲートタワーレディースクリニック 開院

院長 イラスト

お問い合わせ

住所
大阪府泉佐野市りんくう往来北1 りんくうゲートタワービル18F
 
TEL
072-460-2800
診療時間
月・火・木・金
午前9時~12時30分
午後4時30分~7時30
水・土・祝日
午前9時~12時30分
※日曜休診
 

アクセス
南海電鉄・JRりんくうタウン駅から徒歩2分
【詳しくはこちら】